中国足心道療術学院概要

中国足心道は中国医学から発展し、西洋医学の解剖的反射区理論と
血液循環理論の助けを得て、その体系が出来上がってきたもので
足心道施術はマッサージや整体の技法とは異なる手技です。

初代学院長 直江 敏男(2017年3月30日没)
台湾の「国際若石健康研究会」などで「中国足心道」を修業。
1991年、札幌市で日本最初の中国足心道治療センターを開設、
後に自らの経験と技術を生かして中国足心道療術学院を設立。
これまで1600名近い療術師が全国で活躍しております。

営業時間  10:00~17:00
定休日   土・日・祝日
お昼休み  12:00~13:00

  • 札幌市白石区東札幌2条6丁目8番21号 第5トーホービル302号室
    TEL:011-598-7088 FAX:011-598-8278
    E-mail:sokushindou-honbu@sirius.ocn.ne.jp
    HP:http://sokusinn.com/
    商標権登録認可番号第4181050号

auto_Zmv0LK.jpg
学院長直江敏男著
「足揉みで病気が治せる―中国足心道の症例別実践法」
出版社: 風詠社; 改訂版(2014/10) 
腰痛や自律神経失調症、糖尿病、ガン…四千五百年の
歴史を持つ「中国足心道」であらゆる病気は治療できる。
足心道の歴史や実践のコツ、症状別に有効な足揉みの
種類と方法などをわかりやすく解説。
戻る